JPTEC ファーストレスポンダー コース案内

拡大してみる【PDFダウンロード】

JPTEC ファーストレスポンダーコースとは?

 JPTECの概念に基づいて、医療資格を持たない救助者(その場に居合わせた者)が重症外傷者に遭遇した際の対応を学ぶコースです。

ファーストレスポンダーとは?

 事故に遭遇する可能性のある職種の方、最初に外傷患者に接触する可能性のある方すべての総称を「ファーストレスポンダー」といいます。

下記のような職種の方々にJPTECファーストレスポンダーコースの受講は最適です
1.警察官の方々/2.自衛官の方々/3.消防団員の方々/4.警備員の方々
5.スポーツインストラクターの方々/6.スキーインストラクターの方々
7.山岳救助隊員の方々/8.プール監視員の方々/9.スポーツイベント関係者
10.ライフセーバーの方々/11.介護職員の方々/12.学校教職員の方々など

JPTEC ファーストレスポンダーコース 内容
コースは座学と実技で2.5時間程度 18歳以上であれば、どなたでも受講できます
JPTECファーストレスポンダーコース内容
【座学】
1.JPTECの概要について
2.ファーストレスポンダーの位置づけについて
3.法的問題、心理的問題について
4.ファーストレスポンダーの傷病者対応手順について
【実技】
1.用手的気道確保手技、止血法について
2.刺創物(刃物)の固定について
3.フラットリフト、ログリフト、ログロールについて
4.傷病者対応要領
 ・状況評価(事故現場の)
 ・傷病者評価
 ・シナリオ演習
その他、受講者の職種に合わせて指導内容、使用資機材は変わることがあります。

JPTEC ファーストレスポンダーガイド ブックについて
 JPTEC ファーストレスポンダーガイドブックの詳細についてはこちらからご覧ください
(リンク先「JPTEC協議会発行の書籍」)

ホームに戻る